目の下の「くま」 その正体は?!

若い頃は無かったのに、40代頃から気になってくるものの中に「くま」があります。

くまと言うと、寝不足の時や、やつれているイメージがあるかもしれませんが、疲れていないのに出てくると「なぜだろう?」と悩んでしまう事もありますよね。

調べてみた所、目元が青っぽく見えるくまは、実は静脈の色なのだそうですよ!

これは、冷えてしまったりして血流が停滞気味になると、静脈の色が肌を通して透けて見えてくるのが原因だそうです。

肌自体が青っぽく変化している訳ではなく、肌の中の血管の色を反映していたわけですね。

 

こんな青みがかったくまは、適度な運動やお顔のマッサージで血行を良くしてあげるのが良いそうです。

顔にも血行に関するツボがいくつもあるので、ツボ押しも有効だそうです。

 

 

(ツボ押しは、マッサージよりも肌への摩擦が少なく済むという利点があります。)

マッサージは顔の筋肉もほぐし、血行不良によるくすみにも効果的ですので、好みの方法でケアしてあげると良いと思います。

 

くまのタイプの中には、よく見ると茶色っぽく見えるものもあります。

この茶系のクマは色素沈着によるもので、その正体は「メラニン」なのだそうです。

メラニンというからには、シミということになりますね。

ということは、美白化粧品でケアできます。

目元のお肌はとてもデリケートなので美白アイクリームを利用するか、お肌にやさしい配合で作られている薬用の美白基礎化粧品がおすすめです。

また、塗る時は摩擦でさらなる色素沈着を作らないよう優しくゆっくりを心掛けましょう。

 

40代に入ると、お肌トラブルの数もぐんと増えてきたりしますよね。

悩み別にそれぞれ基礎化粧品を揃えていると、出費も増えますし、お手入れにも時間がかかりがちになってしまいます。

それでなくても、40代は多忙な年代で、お肌のお手入れに時間がかけられない人も多いと思います。

そんな時、高機能・高保湿、そしてお肌に優しいオールインワンがあると助かりますよね。

オールインワンは、手抜きのイメージがあるという人もいるかもしれませんが、本当に実力のあるものだったらかなり満足できる仕上がりまでもっていってくれます。

時間に追われているけどエイジングケアもしたい!という方は、自分に合ったオールイワンを是非見つけてみましょう。