シミが目立ちはじめてないですか?

 

30代後半から急増するお肌の悩みに「シミ」があります。

子供の頃は日焼けしてもだんだん肌の色が戻り、シミも出なかったのに、年齢と共にポツポツと出始めるのはどうしてなのでしょうか?

シミの原因は主に「紫外線」と言われています。

肌に紫外線が当たると、肌の中ではシミの素であるメラニンが作られ始めます。

これは紫外線から肌を護ろうとするお肌の働きによるものだそうで、エンドリセンという情報伝達物質が分泌されメラノサイトに届くことから始まるそうです。

肌奥のメラノサイトでつくられるメラニン色素ですが、実はお肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)で上の角層に上がっていきます。

そして、最終的には肌の表面からはがれ落ちてなくなるというサイクルを繰り返します。

これが子供の時や若い頃には普通に肌で行われていたことでした。

しかし、ターンオーバーが停滞したり、メラニン色素が作られ続けたりすると、本来排出されていたメラニン色素が肌の中に留まってしまい、それがシミとなってしまうそうです。

シミが作られてしまう理由の例は以下の通りです。

 

  • 加齢によるターンオーバーの乱れ
  • ストレスやたばこが活性酸素を増やし、その活性酸素がメラノサイトを刺激する
  • 生活習慣の乱れや疲労で血行が悪くなり、シミの排出が滞る

 

お肌自体が年をとっていくことは止める事は難しいですが、規則正しい生活習慣やストレスを上手に発散してあげるとシミも出来にくくなるという事は言えますね。

ただ、今の時代にストレスなしで生活していける人は少ないと思いますし、お仕事や子育て、家庭の事情等、規則正しい生活を送ることはとても難しかったりしますよね。

40代の女性は、子供を産んで育てている人、仕事で要職についている人、家族の介護に追われている人など、多忙な毎日を送っている年代と言えます。

シミが目立ち始めるのも無理のないお年頃なのかもしれませんよね。

 

 

簡単にできるシミ対策とは?

シミが出来てしまうメカニズムを簡単に説明しましたが、今度はその対策について考えて行きたいと思います。

手軽にできる紫外線対策、シミ対策として「日焼け止め」が挙げられます。

これは塗るだけで紫外線のダメージから肌を護る事ができるのでとってもお手軽ですよね!

日焼け止めというと、白浮きしたり匂いが気になるという意見もありましたが、今は日焼け止めもどんどん改良され使いやすいものも増えてきました。

サラッとした使い心地のものも多くなってきたのでテスターなどでお試ししてみると良いと思います。

日焼け止め選びで参考にしたいのがSPFとPAのレベル

レベルが高い(値が多い)ほど肌への負担は大きくなるので、使用するシーンによって使い分けられると良いですね。

 

 

画像出典:kracie

 

日焼け止めと併せて取り入れたいのが「薬用の美白コスメ」です。

できれば「薬用」または「医薬部外品」と書いてある物を選んでみてください。

医薬部外品は、例えると医薬品と化粧品の中間に位置するもので、効能を持つ成分を基準に合わせて配合しています。

美白効果として「シミ・そばかすを防ぐ」事ができるので安心して使えますね。

美白成分の代表的な物は以下になります。

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • ルシノール
  • プラセンタエキス
  • m-トラネキサム酸
  • ハイドロキノン

これらの美白成分を配合しているだけでは薬用や医薬部外品と名乗れません。

厚労省が定めた基準を満たしている物が効果効能を謳えることになっているので、パッケージなどで確認した方が良いですね。

日焼け止めや美白基礎化粧品は、夏場によく宣伝・広告を見かけますよね。

確かに、夏は紫外線の量が増えるのでUVケアは大切です。

ただ、紫外線って一年中降り注いでいるので、夏だけでなく年間を通した紫外線対策が必要です。

日焼け止めは正しく使って塗り直しをしたり、UV効果のあるパウダーやファンデーションを取り入れても良いですね。

40代は、シミができやすい環境が整ってしまっているので、無理せずできる紫外線対策を講じていきましょう!